大学生は2つのものまでしか全力で頑張ることができない。

こんにちは、坂井です。

ぼくが浪人生のときに、このようなタイトルに近いブログを読みました。

その頃からこの考え方は変わっておらず、ぜひ共有したいと思ったので、記事にしたいと思います。

大学生は2つのことしかできない

今あなたは何を頑張っていますか?大学生でやることと言えば、

  • 勉強
  • 部活
  • バイト
  • 恋愛
  • 趣味

だいたいこの5つがメインで頑張ることになると思います。

僕は、今バイト(仕事)、勉強の2つをメインに頑張っています。

バイトというのは、主に動画編集です。勉強は、学校の勉強という訳ではなく、映像制作や動画編集、デザインなどのスキルの習得です。

 

そもそもなぜ大学生は2つのことまでしか全力でできないのか。

それは、もちろん、時間は有限だということです。

何かを得ようとするときは、何かを犠牲にしなければなりません。

僕はスキルを習得する代わりに、遊ぶ時間や恋愛の時間を犠牲にしています。

しかし、そうせずに全てを手に入れようとすると、全てが中途半端になってしまいます。

僕は今有意義な時間を過ごせているなと思ってるし、スキルを習得すれば、時間に余裕ができて、他の時間に当てることもできます。

バイトは無駄なのかどうか問題

先日、インフルエンサーのマナブさんが、こんなツイートをしていました。

バイトの時間は無駄だ。と。

 

この意見に関しては賛否両論がありました。

「ポジショントークの行き過ぎてはないか、バイトがあるおかげで日本は回っているんだ。」「しかし、バイトは時間の切り売りだし、それよりもスキルを磨いて効率よく稼ぐ方がいい。」など。

 

僕の意見としては、過去バイト漬けで、「このままではずっとバイト生活になってしまう、何かスキルを身につけて稼がなければ」という気持ちから、バイトを辞めて、プログラミング学習という行動に移しました。

僕はアルバイトを頑張ったことによって、このままではダメだということに気づくことができました。さらに、社会は理不尽なことで怒られることが多く、もっと環境の良い仕事場で働きたいと思いました。

バイトをすることによって、何かに気づくことが大切なのではないかなと思います。

まとめ:選択と集中

何かを得るならば、何かを犠牲にしなければなりません。

僕は、動画編集、映像制作、デザインを選択し、集中します。そして継続します。

 

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG