大学生はとりあえずAdobeコンプリートプランに契約することをオススメします。

こんにちは、坂井です。結論から申し上げると、大学生はAdobeと契約することをオススメします

大学生は勉強して、バイトして、サークル行って、恋愛してみたいな生活で、結局大学三年生になってインターンに行って、就活が始まります。

そんな時に、自分のやりたいことや、自分が何が得意なのかがわからないまま就活を始める人は非常に多いです。そのため、大学院に進学する人もいます。

そこで、大学1年、2年のうちから、仕事につながって、かつ、自分のやりたいことを探せるようなもの。それが、Adobeです。

Adobeってなに?

まずAdobeは、世界でも有名なソフトウェアの企業です。簡単に言うと、サービスを月額で使い放題になります。

Adobeで使えるもの

  • photoshop
  • illustrator
  • Premiere pro
  • After Effects

そのほかにも20種類以上のソフトが月額で使い放題になります。

詳しくは、Adobe公式サイトでご覧ください。

https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html

なぜAdobeがオススメなのか?

いろんなソフトを使うことができる

例えば、動画編集をやってみたいと思ったとします。お金をかけない場合、無料の編集ソフトを使用します。例えば、iMovieや、今なら、Davinci Resolveなど。

しかし、無料のソフトはどうしても有料のソフトに劣ります。

しかし、有料ソフトのFinal Cut Xは、3万円以上します。購入した後に、楽しくなくて辞めてしまったらもったいないですよね。

しかし、Adobeのpremiere proは、月額2000円で使うことができるので、もし辞めてしまっても、2000円の出費で済みます。なのでかなりお買い得です。

また、月額2000円で、ほかのadobe製品も使い放題になります。

例えば、画像加工のphotoshopやillustrator、編集ソフトのAfter Effectsなど、様々なデザイン関係のソフトを使うことができます。

これがもしAdobeではなかったら、いちいちソフトの料金がかかります。

とりあえず安い

先ほども述べましたが、一か月だけお試しで使ってみることも可能で、それでも2000円です。

これは学生料金のことで、一般料金は8980円になります。学生ってだけで半額以下になります。

また、これはAdobeとあまり関係ないですが、AdobeのAfter Effectsと連携性が非常に高い3DCGソフトのCinema 4Dも、学生の間は無料で使用することができます。ほかの3DCGソフトの、Mayaや3ds MAXも無料です。

学生ではない人は、年間20万円以上かかりますので、いかに学生が優遇されているかがわかります。

まとめ:とりあえず契約してみん

僕がAdobeと契約したのは、動画編集するためのPremiere proが須買いたかったからです。様々なYouTuberもPremiere proを使用しています。

それに伴って、photoshopやillustratorを触ってみたり、After Effectsも触りました。そこからAfter Effectsに興味を持ち、今は自主制作や動画編集などに携わっています。

なので、どういうきっかけでもいいので、まず自分のしたいことが見つからない人は、なにかしら行動するのがいいです。僕の友人もAdobeと契約しました。

ぜひおすすめなので、良かったら。

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG