バイナリーオプションやFXで使える手法、ライントレードとは?

こんにちは、坂井です。

バイナリーオプションやFXで勝つためには手法を学ばなければなりません。そこで、使えるようになると強力な武器になるのが、ライントレードです。

今回は、ライントレードについてお話ししていこうと思います!

ライントレードとは

ライントレードとは、トレンドラインや水平線をチャート画面に引いて、それをもとに取引をするものです。

ライントレードは順張りと逆張りのどちらでもできます。

ライントレードのメリット

ライントレードができるようになると

  • 相場をシンプルに見るので誰でも判断できる
  • 優位性のある取引ができる
  • ずっと相場を見なくていい

などのメリットがあります

また、ライントレードは投資家のほとんどが使っている手法なので、正しいラインを引けると高い勝率で取引できます!

では、ライントレードの方法を教えていきます!

ライントレードの方法

1.レジサポラインを引く

レジスタンスラインとは、画像の左側の部分になるところで、上に上がろうとしているローソク足が反発するところです。

また、サポートラインは、下に下がろうとしているローソク足が反発するところです。

上の画像は、最初レジスタンスラインからサポートラインに変わった図になります。

 

これを実際のチャートに引くと、このような感じになります。

まあこんな感じです。(笑)

 

レジサポラインを引くコツは、反発しているポイントが多い点をしっかりと抑えて、その部分をつなぐように水平のラインを引くこと

そして、15分→5分→1分と大きなトレンドから掴んでそこから細かく修正していく。

これがコツになります。

その2.トレンドに沿ったラインを意識する

長期の時間足チャートからトレンドの方向を確認してそのトレンド方向に合わせたライントレードに徹しましょう。

つまり、長期の時間足が上昇トレンドだったらサポートラインの押し目買いとレジスタンスラインをブレイクしたあとの買い方向に徹することです。

 

これがしっかりできると、勝率は70%を超えてくるでしょう!

ライントレードの注意点

1.ブレイクアウトすると思ってトレードを早めない

ある程度、ここまで行ったら下がるだろうとか上がるだろうとか予測を立てやすくなったときに陥る罠ですが、ブレイクアウトするのを待つことなく相場がラインに到達したらすぐにトレードをしてしまうのは危険です。これをポジポジ病といいます。

必ず結果が出てからトレードを行いましょう。

自分がしっかりチャートを研究して、ここはラインより少し早めにトレードする、ここはラインを超えた後にトレードするとかが見分けられるようになると、欠点が長所になって良いです!

2.ブレイクアウトしてもすぐにトレードしない

レジサポラインをブレイクアウトするということは、ほとんどの場合が前回の高値・安値を更新しているということ。

サポートラインをブレイクアウトするとそのサポートラインはレジスタンスラインに切り替わりますが、一旦そのレジスタンスラインに戻る傾向があります。

これをダマしといいます。

戻りを待ってから下落の勢いを確認して売り方向でトレードしたり、逆に上昇の勢いを確認してから買いでトレードするようにしましょう!

まとめ

ライントレードは初心者でも取り組みやすいものです。しかし、そのラインが有効なのかは時間が経たないと分からないです。よって、デモトレードで練習してみるのもオススメです!

合わせて読みたい記事はコチラ!

初心者はデモ口座でバイナリーオプションの感覚を掴もう!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG