ボリンジャーバンドとRSIで逆張りの手法を学ぼう!

こんにちは、坂井です!

前回、「バイナリーオプションで必須のMT4を導入しよう!」という記事を書きました!

そこでMT4を導入してもうチャートを見ていると思います。最初はチャートを見ても正直何が何だかわからないでしょう。その際に、まずはチャートを見る上で基礎的ともなるボリンジャーバンドRSI、この2つのテクニカルを知っていきましょう。

ボリンジャーバンドとRSI

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは、上の画像の黄色い線、青い線のことを指します。

ボリンジャーバンドとは、外人のジョン・ボリンジャーさんが1980年に発見したもので、、、、。とかは正直関係ないので割愛します。

単純に言えば、相場の移動平均から割り出している線のことです。

真ん中の緑色の線が移動平均線で、その上下にある黄色い線が「2σ線」(下は-2σ、上が+2σ)

更にその上下にある青色の線が「3σ線」となっています。1σ線もあるのですがこのチャートには表示されてません。

ボリンジャーバンドの基準は別にどうでもよく、覚えておいてほしいことは、このボリンジャーバンド2σ線の間で95%、3σ線の間で97%は価格は上下しているという事実です。つまり、それ以上に値動きが起きているときは値動きが不自然な可能性が高いというような見方ができます。

このように、相場の流れを判断するのにボリンジャーバンドは多く使われます。

RSIとは

RSIは直接チャート上に表示されるインジケーターではありません。

RSIに関しては直近の相場市場を見る上で、今は通貨の買いが強いのか、売りが強いのか、これを表す数値になります

 

50を平均として0~100の間で推移する形です。

基本的な概念として、70を超えている場合は相場は買われすぎ、30以下ならば相場は売られ過ぎと見ることができます

これも見方の一例に関しては先ほどと同じ、70以上や30以下の場合、不自然な動きをすることが多いという認識でそこまで問題ではありません。

つまるところ、トレンドが発生しているかどうかを見分ける材料になります。

ボリンジャーバンドとRSIの逆張り手法!

インジケーターが1つずつだと大した根拠にはならないのですが、基本的にはテクニカル分析から生まれるロジックは組み合わせから生まれていきます。

例えば、「RSIが〇〇以下でボリンジャーバンド◯σを超えている場合の1分後の勝率は70%以上!」みたいな感じです。

この場合、1つのテクニカルのボリンジャーバンドだけ見てるわけじゃなくてRSIも入ってくるので、根拠としてはボリンジャーバンドだけよりは強まります。

 

具体的な数字で言うと、ボリンジャーバンド+3σに当たっていて、RSIが70%を超えている時。

ボリンジャーバンド3σの間に97%価格は存在している(中に戻っている傾向がつよい)という根拠から、下がる可能性が高いと推測できるので、売りでエントリーする。

なかなかこんな場面はありませんが。。。

一つの根拠として、ヒントを教えます。

相場がレンジ相場のとき、ボリンジャーバンドの±2σに当たって、かつRSIの70or30%に当たったときに逆張り。これは結構使えます。自分で過去のチャートを見てみて、勝率のデータを取ってみてください。

関連記事

トレンド相場、レンジ相場を見分けて勝率を上げよう!

まとめ

なんにしても、ボリンジャーバンドとRSI、この2つはテクニカル分析をしていくのならばまず基本的な2つとなるので覚えておきましょう!

ロジックを自分で考えてるときもこの2つはチャートで視覚上はっきりと分かりやすいので実際に取引する際にはここの数値も記録しておくと後々自分の取引を分析する際にも役に立ちますね。

合わせて読みたい記事はコチラ!
NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG