大学生がバイナリーオプションで稼いだら税金はどうなるの?

こんにちは、坂井です!

バイナリーオプションで稼げるようになってくると問題になってくるのが、税金です。

「大学生は稼ぎすぎると扶養が外れる」などと聞いたことがあると思いますが、実際どんなものになるのかというのを説明していこうと思います!

扶養についての説明

まず大学生の多くが親や保護者の扶養に入っています。

そして、扶養控除とは、納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合に、一定の金額の所得控除が受けられることを「扶養控除」といいます。

扶養控除とは、給与収入で年間103万円以内の稼ぎの場合、控除が適用される仕組みになっています。

ここからが大切な話です。

給与所得というのは、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて算出されます。給与所得控除額は給与収入の額にもよりますが、大学生の稼ぎなら65万円になります。

給与所得=年収-給与所得控除額

になるので、38万=103万-65万となります。つまり、年収が103万円で所得が38万円あるということです。所得が38万円以下であれば扶養は外れません。

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションによって得た所得は、雑所得といって課税対象になります。アルバイトの収入では年収で66万円稼ぐと所得が1万円でしたが、バイナリーオプションでは1万円稼ぐと所得が1万円になります。

そして雑所得は、年間20万円以上稼ぐと税金を納めなければならないです。これはFXでも同様です。

その額は、利益の20%です。利益が100万円なら20万円が課税対象になります。利益が年間20万円を超えた場合は、確定申告もしなければならないことも覚えておきましょう。

大学生が稼ぎすぎると起こる問題点

大学生が稼ぎすぎると起こる問題点とは、具体的な数字で話すと、

  • 雑所得20万円を超えたら課税対象となる
  • 年間所得103万円を超えたら親の扶養から外れる
  • 年間所得130万円を超えたら国民年金保険料を自分で支払う義務が生じる

ということです。

そして、親の扶養を外れてしまった場合、親の扶養控除が適用されなくなり、負担が増加します。ざっくりいうと、所得税が6.3万の増加、住民税が4.5万の増加です。

また、年収が130万を超えた場合、社会保険に加入することになるため、国民健康保険や厚生年金を自分で払わなければなりません。

 

この国民年金保険は学生だと、免除制度によって実質負担額が0で済みますが、年間130万円を超える所得がある場合、国民年金保険料が自己負担となります。かと言って保険料を支払わなければ、病院の診察料や歯の治療費がこれまでの3倍以上取られる事になるので、注意しておきましょう。

まとめ

今回は大学生がアルバイト以外で稼いだ時の税金についてお話ししました。

できれば年間103万円以上、または130万円以上稼ぐことはオススメしませんが、「どうしてももっと稼ぎたい!」と思うのなら、年間150万円以上稼ぐことをオススメします!

ただ、そこまで稼ぐのは結構難しいので、最初は税金のことを考える前に、しっかりエントリーの根拠や手段を確立した方が良いですね。

関連記事

【2018年版】世界一わかりやすいバイナリーオプションの始め方

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG