Cinema 4Dを学習するのに利用したいサイトや教材を紹介!

こんにちは、坂井です。

今回は、Cinema 4Dを学習するのに利用したいサイトや教材を紹介していこうと思います。

Cinema 4Dとは、3DCGを作るのに適しているソフトです。MAXONが出している総合型3Dソフトで通称C4Dと呼ばれています。

Maya、3dsMAX、Lightwave3D などが映画のVFXやキャラクターモデリング・アニメーションを得意とするのに対し、CINEMA 4D はモーショングラフィックスを得意とするソフトです。
特にこのような分野の映像制作に向いています。

  • モーショングラフィックス
  • キネティック・タイポグラフィ
  • インフォグラフィック動画

C4Dは、After Effects(Ae)との連携が素晴らしく、モーショングラフィックスをAeとC4Dで作成していくことが可能です。

というわけで、教材を紹介していきます。

https://studentoshi.com/after-effects

Cinema 4Dのオススメ教材

Maxon Japan 公式チュートリアル

まずは、After Effectsの時と同様に、チュートリアルを真似しまくりましょう。

Cinema4Dをこれから始める人は、ページ右カテゴリ内の「初級チュートリアル」から見ていくのがオススメです。

チュートリアルを見て、「Cinema 4Dではどんなことができるのか、どんなものを作ってみたいのか」を考えるのもオススメです。

https://www.maxonjapan.jp

GreyscaleGorilla

Cinema 4Dを学習するなら、これは絶対にオススメできます。

一つ一つのボリュームが大きく、毎日1つづつ作っていくのが良いです。僕はそれで進めています。

オリジナルのモデルやプラグイン、チュートリアルの販売も行っています。このチャンネルの主、Nickさんは説明がとても上手で、英語の発音も聴きやすいです。

ただ、プラグインを買わないとできないチュートリアルも多いので、少し注意が必要です。

https://www.youtube.com/user/GreyscaleGorilla/videos

Cinema 4Dの価格問題

Cinema 4Dはいくつかバージョンがあり、主に

  • CINEMA 4D Prime
  • CINEMA 4D Broadcast
  • CINEMA 4D Visualize
  • CINEMA 4D Studio

があります。1つ10万円するものもあれば、40万円ほどするものもあります。

したがって、学生がこのソフトを購入するのはかなり厳しいです。

しかし、学生は学生バージョンがあり、1年半の間、無料で使うことができます!しかもそのバージョンが最上位のCinema 4D Studioなんです!

これを使わない手はありません。

まとめ

Premiere proやAfter Effectsと違って、Cinema 4Dの学習サイトは少ないですが、GreyscaleGorillaを使っていれば間違いありません。

まずはこのYouTubeチャンネルで真似しまくりましょう。そのあとは自分が作ってみたいものを作ってみるのも良し、書籍で学習するのも良しです。

僕はまだCinema 4D歴が浅いので、進捗次第でまた更新していこうと思います。

では、また。

https://studentoshi.com/premiere-pro

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG