部活とサークルのメリットデメリット。どちらがオススメ?

どうも、ごえもんです。

 

大学に入ってから考えるのが、部活に入るのか、サークルに入るのかということです。

高校で一生懸命部活に励んだ人は、部活に入ろうかと考えている人はいるかもしれません。

 

でもちょっと待って?

 

結論から言いますが、断然サークルのほうがオススメです!

 

今回は双方のメリットデメリットから考察していこうと思います!

 

部活のメリット・デメリット

部活のメリット

  • 仲間ができる
  • 忍耐力がつく
  • 上下関係が身につく

 

部活のデメリット

  • バイトができない
  • 友達と遊ぶ時間が少ない
  • リア充になりづらい

 

まず前提として、大学に入ってまで部活をやろうとするのは、正直ドMだなと思います。

 

 

大学って思ってるほどサボり癖や面倒くさい癖がつきます。

ぼくの友人でも部活に入ってる人はいます。その友人は一生懸命部活に励んでいます。もちろんぼくはそれはそれで良いと思うし頑張ってほしい。

 

でも、やっぱりサークルのほうがメリット多いし、サークルのほうがいいでって伝えたい。

 

サークルのメリット・デメリット

サークルのメリット

  • 友達や恋人ができる
  • 交友関係が広くなる
  • 情報収集が楽になる
  • 自分の時間を作れる

 

サークルのデメリット

  • 人間関係が困る
  • サークルを運営する学年がある

 

サークルも部活もお金がかかったり、時間は費やすので、デメリットには書いていません。

 

 

サークルは部活と違ってゆるいので、高校で部活をしていた人は物足りないなと思うかもしれません。

しかし、サークルは大学内で2.3個あるので、サークルのなかでもちゃんとやっているサークルに入ればいいと思います。ここは、新歓に行って雰囲気や練習量を味わいましょう。

 

また大学では、思った以上に女の子と喋る機会がない。

サークルで女の子多めのサークルにはいって恋人を作るのは大アリだとおもいます。実際ぼくもサークルで彼女を作りました。

 

今大学でいつも一緒にいる友達は、基本的にサークルの友達だったりします。

サークルの先輩も面白い人ばかりでよくご飯に行ったりします。

 

個人的にはサークルの先輩のほうがフットワークが軽い印象があります。バイトしてるからかな。

 

 

サークルは先輩から過去問をもらえたり、いろいろと大学が楽になるのでオススメです。

 

デメリットとしては、基本的には2年の夏から3年の夏まで幹部というものがあります。

サークルによって違うかもしれませんが、幹部は毎回の練習に参加しなければなりません。

これがまたダルい。

 

でも、サークルのメリットは思ってる以上にデカイです。マジでサークルのほうがいい。

まとめ:部活よりもサークルのほうがいい!

まず、とりあえずは新歓に行って部活やサークルの雰囲気を感じてみてください。

 

ぼくは最初、部活に入る予定でしたが、練習が思ってる以上にキツかったし、そもそも社会人になる前の大学生で、一生懸命部活をする必要があるのか。

結局サークルにはいって楽しくテニスをしています。

 

最後は後悔しないように自分で決めましょう!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG