YouTubeの動画編集に必要なパソコンのスペックはどれくらいか?

動画編集するためには、いったいどれくらいのパソコンのスペックが必要なのでしょうか。

パソコンの性能が低いと、動画編集中にソフトがフリーズしたり、バグってそれまでの編集が全てなくなってしまう可能性があります。そこで今回は、動画編集に必要なパソコンのスペックをお伝えしていこうと思います。

また、今はYouTubeが盛り上がっているので、YouTubeの動画編集にターゲットを絞って書いていきます。

動画編集に必要なスペック

動画編集に必要な性能は、主に3つあります。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ

です。

CPU

まず、CPUが動画編集の最も大切です。

CPUが高ければ動画編集はサクサク進みますし、逆にCPUが低いと動作が遅くて作業が進みません。

動画編集に必要最低限のCPUは、「Core i5」です。

4Kの動画編集をするのであれば、Core i7をおすすめします。ノートパソコンは、Core i7が最高スペックになります。お金に余裕があるのであれば、デスクトップパソコンのみになりますが、Core i9が理想です。

CPUは、

  • Atom
  • Celeron
  • Pentium
  • Core i3
  • Core i5
  • Core i7
  • Core i9

とありますので、動画編集をするのであれば、CPUは、Core i5以上のパソコンを購入するようにしましょう。

メモリ

次に大事なのが、メモリです。

メモリは、CPUが計算した内容を高速で連絡・一時的に保存する役割があります。CPUは高性能であるほどいいですが、メモリは動画編集に必要とする容量があれば十分です。

現在販売されているメモリの容量は、4GB,8GB,16GB,32GBがほとんどです。動画編集するのであれば、最低限8GBは欲しいです。

4GBだと、編集素材を保存しきれない可能性があります。

ただ、有料動画編集ソフトによる高度な技術を用いた動画編集だったり、動画が長時間に及んだりする場合であれば、「16GB」を見積もる必要があります。

ストレージ

3つ目は、ストレージです。

ストレージには、「HDD」と「SSD」がありますが、データの読み書き速度が求められる動画編集においては、SSDを搭載したほうが速度がアップするのは間違いありません。

SSDはHDDに比べて動作が速いものの、価格が高価になり、容量不足になる恐れがあります。

SSDの主流は256GBに対し、HDDの主流は1TBや2TBです。動画編集をするのであれば、1TBの容量が欲しいですが、1TBのSSDはかなり高価になります。

よって、256GB SSDと1TB HDDの両方を搭載したパソコンをおすすめします。

 

Macならば、256GB SSDを購入し、1TB HDDの外付けハードディスクが良いですね。

僕が使っている動画編集のパソコンスペック

僕は、2017年のMacbook Airを使用しており、動画編集ソフトはAdobeのPremiere Proを使用しています。

  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB SSD

です。

CPUとメモリは最低限スペック、ストレージは十分ではありません。

しかしこのスペックの動画編集は、かなり複雑な動画編集やPremiere ProとAfter Effectsを同時に使用するといったこと以外は、あまり不自由なく編集できます。

これからより多くの動画編集を行ったり、編集が複雑になっていくのであれば、iMacを購入する予定です。

まとめ:動画編集に必要なスペック

最低限スペック
  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • (ストレージ:256GB SSD)
十分スペック
  • CPU:Core i7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB SSD + 1TB HDD

 

動画編集は、かなりパソコンのスペックを必要とします。

動画を編集するだけではなく、動画ファイルの読み込みや書き出しにもパソコンの性能が物を言います。

動画編集用パソコンの購入は、価格が高くても高性能なパソコンを選ぶのが望ましいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG