動画編集で使えるオススメの著作権フリー画像素材サイト5選!

動画編集、映像制作では画像を使うことがよくあります。このブログでもたくさんの画像を使用しています。

しかし画像を使うときには、著作権フリーの画像を使わなければなりません。

そこで今回は、動画編集で使える著作権フリーの画像素材サイト5選を紹介していこうと思います!

無料素材サイト

pixabay ←1番オススメ!

まず一つ目は、「pixabay」です。

Pixabayとは、商用利用可能(アフィリエイトサイトもOK)、クレジット表記不要、加工可能な「クリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も所有しない)」という写真・画像を集めたサイトです。

僕はほとんどpaxabayの画像を使用していて、すごく綺麗なたくさんの画像があります。画像といっても、おしゃれな風景画像だけではなく、美しいイラストも使用することができます。

また、pixabayの注目すべき点として、動画素材も著作権フリーで使用することができます。

なので、Premiere ProやAfter EffetsでかっこいいMVを作ってみたり、ポートフォリオを作ることだってできます。また、ログインすることなく使用することができるので、まずはpixabayを使ってみてください!

動画素材のサイズは4つダウンロードでき、素材ファイルの容量も確認することができます。

picjumbo

2つ目は、「picjumbo」です。picjumbo は、420万枚以上もの高品質な海外写真をダウンロードできる素材サイトです。

有料会員が用意されており、ブロガーやデザイナー向けにプレミアムカテゴリや過去に提供されたプレミアム用画像から検索することができます。

ただ、無料でも高品質な画像がたくさん配布されており、ダウンロードできる画像も多いので、ぜひ知っておいて損はないかと思います。

pexels

3つ目は、「Pexels」です。これは、世界中の高品質な無料写真ばかりが揃っているストックフォトサービスです。このサイトでは、ハイクオリティのフリー素材写真をテーマごとに絞って検索することができるようになっています。

また、pixabayと同じように、動画素材もダウンロードできるようになっています。

ぱくたそ

4つ目は、「ぱくたそ」です。

ぱくたそは日本の無料画像素材サイトで、YouTubeやテレビでも使用されています。ぱくたそは人物の画像が豊富で、感情を表現するときに利用しやすいです。

また、ぱくたその背景画像が白のものが多く、これはPhotoshopなどで人物だけを切り取り、様々な場面で動画に入れ込むことができます。

しかし、ぱくたそはすごく有名なので、どうしても”ぱくたそ感”が伝わってしまうことがよくあります。

なので、使用するときは状況を考えて使用することをオススメします。

ウィキメディアコモンズ

5つ目は「ウィキメディアコモンズ」です。

ウィキメディアコモンズの特徴は、ウィキペディアで使用されている画像素材をダウンロードできるサイトです。

自分の画像もウィキペディアコモンズ上に表示できますし、もちろんダウンロードして使用することもできます。

まとめ

今回は動画編集で使える著作権フリーの画像素材サイトを紹介しました。画像だけではなく動画もダウンロードできるので、様々な映像を制作できます。

おしゃれな画像をたくさん出している人を発見したら、その人の他の画像も見てみてください。

 

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG