成功するかどうかなんて、結局運ゲーなんだもの。

こんにちはこんばんは、副業大学生のTAISEIです。今日は2019年ラストの日ですね。今日もいつもと変わらず積み上げていこうと思います。

 

さてさて、最近では本を読むから時間ができる事に気づき、たくさんの本を読んでいます。12月には20冊以上読みました。

読めば読むほどたくさんのことを考え、自分の中でまとまったもの、まとまってないものを合わせて、こちらで書いていこうと思います。

 

質問です。

「あなたの中での成功はなんですか?」

 

 

例えば、最近ではYouTuberで大金を稼ぐ人が増え、YouTuber自身が本を出版しています。ヒカキンやラファエル、シバターやてんちむなどが本を出版しています。

彼らはYouTube界で成功している部類と言えるでしょう。

 

また、高収入を得ている職業。

成功を可視化するために、収入が大きな手段の一つと言えますよね。

つまり、収入が多ければ多いほど、成功していると言えます。今回は、こちらを成功の定義とします。(もちろん、収入以外で成功していると言えるものもありますが、こちらの方が簡単なので、今回は収入で行きます。)

 

YouTubeで成功したのは、タイミング

例えば、今から5年前からYouTubeを始めて現時点までYouTube投稿を継続している人は、かなりのチャンネル登録者数がいると思います。

 

シバター自身の本でも言っていましたが、うまく先行者優位に乗っただけなんですね。

もちろん、YouTubeを始めてから、毎日投稿する継続力や、YouTubeに顔出しする勇気(行動力)、PDCAを回し続ける地道な作業も必要だと思います。

 

しかし、今から同じことをしていても、過去から始めている人には勝てないんですよね。もっとオリジナルを出していかなければなりません。

 

他にも、たまたま動画がバズったタイミングで、登録者が伸びて、収益が一気に伸びるYouTuberもいます。それに再現性があるのかと言われれば不明です。

僕の収入は月収35万円だが、それも運要素が大きい

僕は動画編集代行という仕事をしています。大学2年生ながら、12月の月収は35万円でした。

世間一般からすれば、大学生で月収35万円を稼ぐことはすごいという認識だと思います。僕自身もそう思います。

 

ただこれを自慢したいわけではなく、僕もたくさん努力してきましたが、それでも運が良かったと言えるんですね。

 

自分にとってめちゃくちゃ良いクライアントと出会えたり、たまたま出会った人から仕事をもらえたり。そのようなことが重なって、月収35万円です。

 

「運要素が大きいなら、努力しても無駄じゃん」と思う人もいると思うので、ではどうすればいいのかということをいかに書いていきます。

運がでかい世界でできること

言ってしまえば、運も実力のうちなんですよ。

運を掴むために、たくさん行動して失敗して、改善して行動するだけなんですね。

 

常にアンテナを張って、常に行動して、いざチャンスがきた、もしくは霞んでいるチャンスに飛び込む勇気と行動力のある人間だけが成功する

 

人事を尽くして天命を待つ

 

という言葉があります。僕はこの言葉が大好きです。何でもこれに尽きると思います。

全力で頑張ってそれでも結果が出ない場合は、努力する方向が間違っていたか、努力しても結果が出にくい分野です。諦めて他のことをやることも手段の一つです。

一つ言っておくと、今の段階で、動画編集代行という仕事は努力すれば必ず結果が出る分野だと思うので、ぜひ頑張ってみてください。

 

ちなみに僕が教えるコンサルティングもやっているので、覗いてみてください。

 

まとめ:運ゲーを攻略するには頑張るしかない

お金稼ぎは簡単ではありません。YouTuberも簡単に稼いだわけではないんですね。僕も簡単に月収35万円稼いだわけではないんですよ。

 

最近、周りで身分相応のスキルがないのに周りに煽てられて収入を得ている方もおられますが、応援している反面、もしなにか失敗した場合、助けてくれる人はいるのかなと思ったりもします。

利害関係だけでつながっている人間は多いので、そこが怖いところです。

 

僕はもちろんお金を稼いでいきたいですが、自分はお金以外にも心が満たされるような人間関係や心の状態を目指していこうと思います。

 

2020年も頑張っていきましょうや!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG