やりたいことが見つからない大学生は、行動しまくってやりたいことを探せ!

こんにちは、坂井です。

「大学生活は人生の夏休み」と言われていますが、実際に遊びまくっていると、3年や4年になって就活が始まった時に、自分が何をしたいのかもわからず、とりあえずインターンに行って、とりあえず有名企業に就職しようということになります。

なぜこんなことが起こるのかというと、自分のやりたいことが分からないからです。

僕は今大学二年生ですが、同い年は大学3年生。必然的に就活の話になります。そんな時、「もっと準備していれば」とか、「面接で自慢できることが無い」といった後悔の言葉をよく耳にします。

今回は、そんなやりたいことが見つかっていない大学生に向けて、行動しまくることをオススメしたいと思います。

とりあえずやってみよう

僕の大好きなアーティスト、Little Glee Monsterの「I believe」という歌にこんな歌詞があります。

できそうなことから やりたいことを探して それに夢と名付ける 日々に別れを告げた

これは多くの人に当てはまります。

とりあえず自分の好きなことはわかるけど、それを仕事と結びつけることができない。だから、できそうなことから、やりたいことを探す。

つまり、行動しなかったら、自分のできることも範囲が狭くなるし、夢も小さくなります。

 

僕も実際にやりたいことがわかりませんでした。将来は投資家になりたかったり、実業家になりたかったり、お金持ちになりたいとか、社長になりたいとかコロコロ変わっていました。

やりたいことがわからないから、自己啓発本をいろいろ買って、どうすればいいか考えました。

どんな自己啓発本を購入しても、その本が伝えたいことは共通しています。それは、「行動しろ」ということです。

行動しまくって、まず一回やってみて、自分が得意なものなのか、好きなものなのかを選別します。

 

この考え方は浪人してから、一気に始まりました。浪人の18歳から今の20歳までの2年間、いろいろなことをやりました。

  • ブログ
  • 筋トレ
  • バイナリーオプション
  • アフィリエイト
  • FX
  • プログラミング
  • 動画編集
  • 映像制作
  • YouTubeゲーム実況
  • ダーツ
  • ビリヤード
  • 治験
  • 朝活

他にもいろいろあります。

いろいろ行動した結果、今では動画編集や映像制作がめちゃくちゃ楽しいので、ハマって熱中しています。

やってみないと、自分が好きなことなのか、ハマることなのかわかりません。だから、行動しろというのは、自分のためになります。

行動して、途中でやめることは素晴らしいこと

行動してみて、途中でやめることは、継続力・忍耐力がないと自己嫌悪に陥るかもしれません。しかし、途中でやめることは悪いことでは無い。全く。

 

だって、自分が好きでは無い・やりたく無いことがわかったからです。

僕は今、筋トレ、テニス、ブログ、動画編集、映像制作を続けていますが、それは続けようと続けているのではなく、楽しいから続いています。

 

頑張って継続しようというわけではなく、ハマっているから続く。それは、行動してみて気づくことです。

行動力と継続力は比例しているのかなと思います。まず行動力を身につけましょう。すると、継続力も伸びます。

 

ちなみに僕はこれから、ボルダリングや旅行、イラストなどのデザインとかもっと違う分野のことをやってみようかなと思います。

ゲイバーとかにも行ってみたいし、それこそバーだったり。ドライブもしたい。

まとめ:今すぐ新しいことをやってみよう

やりたいことがわからない人は、いろんな分野のことに挑戦するしかありません。

人生は一度きりだし、どうせならやりたいことに熱中した人生にしたくありませんか?

 

確かに行動しまくれば、デメリットもあります。僕はいろいろ挑戦した結果、詐欺にあったこともあります。

ただ、その悔しさがさらに行動力を駆り立て、今の自分を作っています。

いろんな情報を知って、いろんなことをやってみて、自分の可能性に気づきましょう。そこから新たな道が切り開かれるでしょう。(なんか言葉遣いが胡散臭い。)

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG