[驚愕の事実]1週間で動画編集者になれます。←コスパ良すぎ

どうも、こんにちは。坂井です。

今回は、1週間で動画編集者になれることを伝えたいと思います。

 

動画編集を独学で学ぶ前は、少なくとも3ヶ月は学習期間で考えていました。しかし、実施に学び始めると1週間で仕事を受け持つようになりました。

今は動画編集を初めて半年が経ちましたが、今月は動画編集だけで約7万円を稼ぐことができました。来月はやっと動画編集だけで月収10万円に到達しそうです。

 

この記事では、勉強方法と勉強時間、動画編集を始めた方がいいと言うことを伝えていこうと思います。

動画編集者になる手順

動画編集者になるためには、最低限として、

  • カット作業
  • テロップ挿入
  • 効果音、BGM挿入

ができれば、編集できます。

 

この編集レベルで、1本あたり5000円までの仕事を受けることが可能です

 

また、

  • サムネイルの作成(photoshop)
  • エフェクトを知る
  • ショートカットを覚える(編集の効率化)

などができれば、より編集スキルを伝えることができます。

またYouTubeの動画では、エンタメ系や、インタビューなど様々な編集ジャンルがあるので、ジャンルによって編集のスタイルを変えることも大切になってきます。

 

僕が使っている編集ソフトは、AdobeのPremiere Proです。動画編集を始める方は、まずPremiereを購入してください。

また、Adobeのコンプリートプランでは、photoshopや、After Effectsなども使用できるので、そちらのスキルも身につけることもオススメします。

 

動画編集の勉強方法

動画編集の勉強方法は、

  • YouTube
  • 書籍
  • Udemy(動画商材)
  • 動画編集学習コンテンツ(MovieHacks)

などがあります。

 

まずは、YouTubeで「Premiere pro 編集」みたいな感じで検索し、どのようなことができるのかだったり、アニメーション作成ソフト”After Effects“と何が違うのかなどを知りましょう。

 

また、次に書籍を1冊購入し、Premiereの使い方や、編集スキルを学びましょう。僕が購入した書籍は、「プロが教える!Premiere Pro デジタル映像編集講座」です。

これを、自分が学びたいところに絞って、3日くらいでやりました。

 

次にUdemy。Udemyは有料になりますが、その分クオリティが高いです。

Udemyは動画教材で学習できる独学者にはうってつけのサイトです。プログラミングも独学していますが、Udemyを活用しました。

 

僕が購入したUdemyの教材は、「笑撃的なAdobe Premiere Pro CC 動画編集チュートリアル」と「中二病が爆発するAfter Effects CC クリエイティブチュートリアル」です。どちらもあくしょんプラネットのむらかみさんの教材です。

この方の教材は好き嫌いがありますので、サンプル動画を観た上で購入するか検討してください。僕は好きです。

 

4つ目は、動画編集学習コンテンツです。有名なのは、生ハム帝国さんがメンターのMovieHacksです。これは、YouTubeに特化した学習商材になります。価格は約7万円ほどですが、初心者にも優しいレベルで教えてくれるので、スキルは身につくのではないでしょうか。

 

僕がこの4つの中で一番オススメするのは、やはりYouTubeで学習することです。まずは無料で学ぶことができるので、それが初心者にとってはありがたいことかなと思います。

また、YouTubeでもかなりクオリティの高い動画が多くなってきています。After Effectsのチュートリアルも増えてきましたし、様々なクリエイターが情報発信をしてくれています。なので、まずはYouTubeで学びましょう。

 

動画編集の勉強時間

次に動画編集の勉強時間です。動画編集に費やした時間は、1日に5時間くらいです。なので1週間で35時間です。動画編集は僕にとってとても楽しいもので、めちゃくちゃ集中して学習できました。

 

普段YouTubeをたくさん見る僕は、動画編集を学習し始めてから、 YouTubeの動画をただただ楽しむのではなく、「この編集はどうやったらできるのか、この編集くらいならできるな」と言う観点から見ていました。

これからAfter Effectsの学習や、Premiere Proの高度な編集、編集時間短縮を学習していく予定ですが、1ヶ月で100時間は学習しないといけないかなと思います。なので、毎日3時間。それで1ヶ月すれば、YouTubeの動画編集代行はできるはずです。

 

ただしこれはあくまでも目安です。これより少ない時間で動画編集できるようになる人もいますし、これよりも時間がかかるかもしれません。

現在は1本単価1万円を超える動画編集に携わっていますが、それでも動画編集について学習しながら編集しています。

 

とりあえず最初の頃は、一気に学習するのがオススメですが、それが厳しいという方は一つずつ一つずつ確実に学んでいきましょう。

 

動画編集の未来

ここで、動画編集を始めようかと迷っている方に伝えたい。YouTuberは5年後、10年後いなくなると言われていますが、そんなことはありません。近い将来、通信が5Gになり、圧倒的にインターネットが速くなり、動画がより普及します。

 

YouTubeがなくなったとしても、YouTuberは編集スキルがあるので食いっぱぐれることがありません。さらに広告費においても、ここ2、3年でかなり増加しています。しかしテレビに比べたらまだまだです。YouTubeはまだまだ伸び代を秘めています。

 

YouTuberが増えれば増えるほど、動画編集者は貴重になってきます

 

しかしここで考えて欲しいのは、動画編集者はかなり増えています。なので、仕事を取ることがかなり難しくなってきているのも事実です。

そこで解決策になるのが、動画編集チームに入ることが挙げられます。僕も実際チームにも入っています。しかし仕事自体は、チームからではなく、自分で取りに行ってます。

 

まとめ:動画編集を始めるのは今だ!

動画編集は、今が熱いです。しかし、動画編集者が増えるに従って、動画編集者を安く買い叩かれています。

なので、ただ単に動画編集ができるというのでは、あまり仕事を取ることができず、あまり稼ぐことができません。

 

なので、動画編集以外のスキルを組み合わせていくことが必要になってきます。例えば、

  • 営業力
  • プレゼン力
  • マーケティング力

などなど、自分で考えてみてください。

 

また、SNSでフォロワーを増やすのも一つの手段ですし、実際にYouTubeで情報発信することも一つの手です。僕も11月から新しく始めるための準備を今しています。

 

この記事を見て、動画編集に興味を持った方は、他の記事を見ることもオススメします!

<追記>
YouTubeチャンネルで動画編集のことについて情報発信しています!
良かったらぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG