何事にも本気になれないあなたへ。

こんにちは、坂井です!

今回は自己啓発のことを書いていこうと思います!

突然ですが、あなたは今、本気で取り組んでいることがなにかありますか?

僕は今大学生ですが、筋トレ、テニス、動画編集、映像制作などいろいろ取り組んでいます。

しかし、やはりめんどくさくなってしまったり、やる気がないときは必ずあります。

この記事を読んでいる人は、恐らく現状の自分にどこか納得していないでしょう。今回は、本気になれない人へ向けて、本気になるある方法を伝えようと思います。

本気になるために

本気になるためには、自分のモチベーションとうまく付き合わないといけません。また、どれだけ意識が高い状態であっても、行動しなければ意味がありません。

では、行動するためにはどうすればいいのでしょうか。

ぼくが考えた答えは、

行動するものに対してお金を使う。ということです。

行動するものに対してお金を使うとは

例えば、健康のために筋トレを始めようと思い立ったとします。

そこで、大学に無料で使えるジムがあるのでそこを使うのか。それとも、有料のジムに行き、トレーニングするのか。あなたはどちらのほうが本気でできると思いますか?

あなたはブログを始めようと思い立ったとします。お金をかけるのはもったいないと思って無料ブログで始まるのか。リターンを見込んで有料ブログで始まるのか。

あなたはどちらのほうが本気でできると思いますか?

 

答えはどちらにしろ、お金を使ったほうでしょう。理由は、お金を使うと、本気でしないともったいなくなるからです。

ぼくの体験談を話すと、浪人していた時期は、お金を払って有料ジムで週6くらいでトレーニングしていました。しかし大学生になって大学の無料のジムでトレーニングしだすと、週1するかしないかくらいの頻度に落ちました。

別に無料のジムが悪い訳ではありませんが、やはりお金を払っていないから自分に甘くなってしまいがちでした。

そこで近くの有料ジムに登録して、週5〜6のペースでもう一度本気でトレーニングを再開しました。

またブログも同じく、無料ブログだと1記事書いて、もうめんどくさくなってやめてしまいました。お金を使うことによって、何もしないのはもったいないという気を起こさせるのです。

また、動画編集においても同じです。無料の動画編集ソフトで編集するのではなく、有料で編集ソフトを購入しました。

本気になるためには、無料じゃダメなんです。自分に甘えないためにも、「もったいない、取り返そう」という気持ちを使いましょう。

本気になるためのもう一つのコツ

本気になるためには、自分を追い込むことも一つの手です。本気になれないということは、自分に甘いということ。自分に甘いのは、全力を尽くしていないということです。

全力を尽くすためには、自分を追い込みましょう。自分の限界まで本気ですることで計り知れない達成感を得ることができます。

しかし、身体を壊してしまっては元も子もありません。かといって、自分のペースを大切にしすぎると自分に甘くなってしまいがちです。一度自分を追い込んでみるのも良いです。

本気になれることを一つ見つけてみよう

本気になることが無いという人はいると思います。

そんなあなたにオススメなのが、筋トレです。

 

筋トレをすることは、

  • 自信がつく
  • アンチエイジングになる
  • 体力がつく
  • ダイエットになる
  • 自己管理能力がつく
  • モテる

など、メリットしかありません。

 

この本がぼくの人生を変えました。

この本はぼくのバイブルになっています。ぜひ読んでみてください。

モチベーションだけでは継続していくことが難しいので、しっかりと自分の行動に移るような環境作りをしていきましょう。

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG