ふるさと納税って何?方法と報酬、魅力について教えます!

こんにちは、坂井です。

今回は、投資第2弾、ふるさと納税についてです。

前回は、つみたてNISAについて書きましたが、ふるさと納税についてもあまり知らなかったので、調べてわかったことを共有します!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度です。

手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意されています。 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

ふるさと納税の魅力

ふるさと納税の魅力は4つあります。

  1. お礼の品がもらえる
  2. 節税に利用できる
  3. 応援したい自治体に寄付できる
  4. 寄付金の使い道を決めることができる

ふるさと納税は、寄付する側にも、寄付される側にも双方にメリットがある、素晴らしいものです。

FXなどの投機は、ゼロサムゲームで、損する人と得する人が分かれますが、ふるさと納税はみんなが得します。

寄付する側は、自治体を応援できるし、お礼の品をもらえる。寄付される側は、寄付されたり、自治体をもっと知ってもらえるというメリットがあります。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税の方法は、4つのステップを経ます。

  1. 控除上限額を調べる
  2. 寄附をする自治体を決めて寄附を申し込む
  3. 「お礼の品」と「寄附金受領証明書」が届く
  4. 寄附金控除の手続きを行う

まず、寄付する前に、ふるさと納税で控除される上限額を調べましょう。家族構成や年収によって変わります。

次に、お礼の品や応援したい地域を調べて、申し込みましょう。

そして、自治体から、寄附のお礼として「お礼の品」とその証明として寄附金の領収書「寄附金受領証明書」が届きます。「お礼の品」の到着時期は、自治体や内容によって異なります。

最後に、税金の控除を受けるためには「確定申告」または「ワンストップ特例制度」の申請のいずれかの手続きが必要です。

お礼の品の金額が50万円以上、またはほかの一時所得の金額との合計が50万円を超える場合、ふるさと納税のお礼の品を一時所得として申告する必要があるらしいです。

ふるさと納税の報酬

ふるさと納税は、基本的に1万円で寄付することができ、その報酬はかなり良いものがあります。

ジャンルでいうと、

牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、ハンバーグ、ソーセージ、うなぎ、魚介類、お米、フルーツ、野菜、ビール

などがあります。

牛肉だったら、佐賀牛や松坂牛、十勝ローストビーフなど、普通に購入するレベルのお礼を受け取ることができます。

ふるさと納税のサイトはここからみてください!

ふるさと納税サイト[ふるさとチョイス]

まとめ:ふるさと納税、やばくね?

ふるさと納税は、高級なものをお礼としてもらえるだけではなく、自治体を寄付金として応援できたりする、投資としては素晴らしいものではないでしょうか。

僕はまだそんなに年収がなく、まだ応援できる余裕はありませんが、今後はふるさと納税をしていきたいなと思いました。

ぜひ調べてみてください!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG