iPhoneの画面録画を使用してYouTubeにアップロードする方法

こんにちは、坂井です。

今回は、YouTubeに動画をアップロードしたい方向けに、iPhoneの画面録画をして動画をアップロードする方法を紹介しようと思います!

画面録画では主にアプリの紹介や、ゲーム実況が向いています。

早速、行きましょう!

iPhoneだけで動画をアップロードする手順

  1. 設定→コントロールセンター→カスタマイズ→画面収録を追加
  2. 下からスライドし、画面録画を長押し
  3. マイクを”オン”に
  4. 画面録画ボタンをタップ
  5. 実際に実況する
  6. 再び下からスライドし、画面収録ボタンをタップ
  7. しばらくすると、写真に動画が保存される
  8. Premiere proやiMovieで編集
  9. YouTubeにアップロード

という手順になります。

ここから細かく説明していきます。

 

1番を実行するとこのような画面になります。

そして下からスライドします。

そして、画面収録ボタンを長押し。

そして、マイクのボタンをタップ。

そして、下からスライドした画面に戻り、画面収録ボタンをタップすると、「3.2.1」で収録が始まります。

そして、収録が終了すれば、もう一度、画面収録ボタンをタップします。

すると、写真に追加されます。

写真を開き、実際に保存されていることを確認したら、そのままアップロードするか、もしくは編集してYouTubeにアップロードします。

僕の場合は、ここからMacにAirDropで共有して、Premiere Proで編集します。

実際にこの手順でYouTubeにゲーム実況をアップロードしてみました。

MacでYouTubeを開くと、メニューバーにビデオカメラに+のアイコンがあるので、それをクリック。

そして、”動画をアップロード”をクリック。すると、このような画面になります。そのまま指示に従って、動画をアップロードしましょう。

まとめ

今回は、iPhoneで画面収録し、YouTubeに動画をアップロードする方法を紹介しました。

誰でも簡単にできる方法なので、ぜひやってみてください!

 

また少し編集するだけで、動画のクオリティが向上するので、動画編集もやってみたらいいと思います!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG