筋トレ初心者がジムで気をつけるマナー6選

どうも、ごえもんです!

 

筋トレを始めるにあたって、ジムを使うことはとても効果的です!

でも、「ジムってムキムキの人ばかりでこんなヒョロヒョロの自分が行っていいのか心配。」という悩みとかもあると思います。

 

今回は、筋トレ初心者がジムで気をつけたいことを伝えていこうかなと思います!

 

筋トレ初心者がジムで気をつけること

1.マシンを大切に扱う

まずこれは、基本中の基本です。ジムはみんなが使うものなので、大切に扱いましょう。

 

筋トレを結構やっている人でも、ガシャンガシャン音を立ててトレーニングしている人がいます。それは真似しないようにしましょう。側から見ると結構不快です。

 

また、マシンは高価で、しかもたくさんの重りを置いているので、重りが足に落ちたりしたら、簡単に骨折します。気をつけましょう!

 

2.マシンを使ったあとは汗をふく

これも結構大事です。

 

トレーニングをしたあとは、背中から吹き出た汗がついています。それをタオルで拭きましょう!

バーベルやダンベルは拭かなくて大丈夫です!

 

ぼくの大学は使い古しのタオルがジムに置いてあるのでそれを使って拭いたりしています。

 

筋トレ初心者さんは、汗拭きタオルと、マシン拭き用タオルの2つを用意しても良いかもしれません!

3.マシンを独占しない

これは、友人と行ったときにこのようなことがよく起こります。

 

つまり、長時間マシンを独占したり、複数台のマシンを独占することです。

 

トレーニングをしてインターバルでずっと携帯をいじっている光景はよく見られますが、共有のジムなので、周りをよく見ましょう。

特に、ベンチ台は数が限られている、しかも、ベンチプレスをしたい人も多いので、できるだけ長時間独占しないようにしましょう!

4.お喋りや大声はできるだけ控える

ジム内で、一緒に来た友人やトレーナーさんとお喋りはよくします。ただ、たまに程度を超えている人がいます。

 

筋トレは一人で黙々とするので、イヤホンで音楽を聴きながらトレーニングをする人が多いですが、周りでお喋りがうるさいと気が散ります。

 

また、重い重量を上げるときに大声をあげる人がいますが、これは良くありません。

 

何度も言いますが、ジムはみんなで使うものです。

5.ジムで撮影は基本的にNG

ジムでの撮影は基本的にダメです。

 

YouTubeとかでトレーニングの動画を出してる人がいますが、その人はジムの許可を得ています。

 

また、大手のジムには有名人やプロ野球選手がいたりします。

その有名人を勝手に盗撮するのは人間として良くありません。

 

トレーニングに集中してらっしゃるので、撮影したい気待ちをグッとこらえて、トレーニング後に撮影の許可を得てみましょう。

撮れたら、ラッキー。

6.トレーニング中の人に近づかない

トレーニング中の人に近づくのは、ホントに危険なのでやめてください!

 

筋トレは追い込む種目なので、トレーニング中の人に余裕はありません。

 

まとめ

今回は、筋トレ初心者がジムで気をつけることを紹介しました。

 

気をつけることが多そうに見えますが、全然大丈夫です!

 

マナーを守っていれば、筋トレをしている人に悪い人はいません!

 

次回は、初心者はジム行った方がええでってことを書こうと思います!では!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG