コンビニバイトの夜勤は楽?キツイ?実際働く大学生が暴露する

どうも、ごえもんです。

 

ぼくは今コンビニで夜勤のバイトをしています。

コンビニの夜勤は楽と聞きますが、実際のところはどうなのか話していこうと思います。

コンビニ夜勤の実態

楽か、キツイか

一言で言うと、仕事内容は楽だが、ひたすらに眠い。

 

仕事内容は大まかに言うと、パンや米飯を並べたり、掃除したりするだけです。

お客さんは場所にもよりますが、昼に比べたらとても少ないです。

 

ぼくは0:00〜6:00の6時間、夜勤をしていますが、実際に仕事している時間は3時間程度です。

もっと少ないかもしれません。

 

残りの時間はバックルームで本を読んでいたり、携帯を触ったりしています。本当はダメかもしれないですが。

 

しかし、どこのコンビニでも夜勤の人材は足りていないので、多少サボっても大丈夫です。そこは上手くやっていきましょう。

 

 

一方、やはり夜勤なので、クッソ眠いです。

慣れてきたらまあ多少は楽ですが、夜型ではない人はキツイかもしれません。

 

ぼくは朝型人間なので夜勤には向いてないので、毎回カフェインを摂取してます。

 

コンビニ夜勤のメリット

コンビニ夜勤のメリットは、やはり時給が高いということです。

 

昼に比べて、1.25倍されるので結構稼げます。

 

 

しかし、自分の身を削ることは事実です。

ぼくの場合は、1年間だけと決めて、夜勤を始めました。投資の元金稼ぎのためです。

 

 

コンビニ夜勤は、大学4年間やると本当に寿命が縮まると思うので、1年くらいで辞めるのがベストだと思います。

 

また、コンビニは廃棄があり、排気を食べることができます。

ぼくのコンビニは廃棄を持ち帰ることが禁止されていますが、持ち帰りOKのところをオススメします。

 

廃棄のおかげで食費が浮くのでオススメです。

 

 

また、今ブログを書いているのは、夜勤中です。(笑)

ブログを書いて、かつお金が入ってくるのは結構良いです。

 

働くコンビニは前もって調べておくべき!

僕が今働いているコンビニに決めた理由は、家から近いという理由で決めました。

しかし、実際夜勤をしてみると、廃棄は持ち帰れないし、一人で夜勤をしなければなりませんでした。

 

 

ほかのコンビニは、2人で夜勤をしていたり、廃棄を持ち帰れるところもありました。

 

1人の夜勤は自由ですが、何かトラブルがあった時は頭が真っ白になりますし、2人よりも負担が倍増します。

できれば2人体制のところをオススメします。

 

まとめ

コンビニ夜勤は、楽でオススメなのですが、期間を決めて働くことをオススメします。

 

自分の身を削っていることは事実なので、自分の体調と相談して、多くても週2にしておきましょう。

週3以上にすると、昼夜逆転が多くなったり、体調を崩してしまいます。

 

 

しかし、仕事内容は楽なので、たくさんお金を稼いで、かつ自分のスキルを磨けるコンビニ夜勤はオススメです。

 

合わせて読みたい記事はコチラ!

時給の高いバイトを探すなら、少額で投資を始めろ!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG