大学生が動画編集をアルバイトにするメリットとデメリット!動画編集代行がバイトはアリ?ナシ?

こんにちは、坂井です。

僕は今、アルバイトとして動画編集をしています。契約形態はアルバイトではなく、業務委託なんですけど、実質アルバイトです。他には、派遣(イベントスタッフ)をしています。

今回は、大学生が動画編集をバイトするメリットとデメリットを紹介していこうかなと思います。実体験に基づいているので、実際に動画編集する人には共感できるかなと思います。また、フリーランスで動画編集をしている人にも共感できるのではないでしょうか。

 

バイトで動画編集するメリット

まず、結論として箇条書きします。

  • 好きな時間に働ける
  • 時給が良い
  • スキルが身につく
  • 他人と差別化できる
  • 人間関係に悩まない

他にもあると思いますが、これらがメリットかなと思います。細かく説明しますね。

 

好きな時間に働ける

これは動画編集する大きなメリットです。普通のアルバイト(飲食店やコンビニ)は、アルバイトする時間が決まっています。なので、スケジュールを決めやすいです。

 

しかし、動画編集は自分の好きな時間にすることができます。なので言ってしまえば、朝でも、昼でも、夜でも、深夜でもできます。言ってしまえば、大学の講義中にもできます。

ただ、ノートパソコンで編集すると、処理が重い編集や書き出しの時に、パソコンがうなりだす(処理の音がでかい)ので、あまりオススメしません。(笑)

 

好きな時間に働けるので、自分のやりたいことをやる時間を作ることが可能になります。普通のアルバイトではそれが難しかったりします。僕はそれでいろんな趣味を増やしたり、いろんなことをやることができています。

時給が良い

これもメリットですが、逆にデメリットにもなり得ます。僕は半年間の編集歴がありますが、ありがたいことに今は、時給2000円くらいは保てているかなとは思います。ただこれは、良いクライアントに出会えたり、効率化したり、色々要素が必要です。

もしかしたら時給500円くらいにもなり得ますので、そこは気をつけてください。

 

正直なところ、現状、動画編集者が増えていて、競争が激しくなっています。それに伴って、動画編集者が安く買い叩かれています。

これを避けるためには、動画編集だけではないスキルが必要です。これはまた別の記事で書こうかなと思います。

 

時給が良いと言っても、常に編集素材があるわけではないので、それは難しいですね。しかし、いつ編集素材が来るかもわからないので、予定が埋まっている時期に編集素材が来たら、「Oh…」ってなります。(笑)

スキルが身につく

動画編集というスキルは、正直、誰でも簡単に身につけることができます。僕は1週間で基礎的なものは独学で学び、1ヶ月で仕事を受注しました。

 

スキルを身につけることはこれからを生き抜くにおいてとても大切だと思います。大学生のうちから、動画編集以外のスキルでも何かしら身につけておくのが良いです。

過去にプログラミングスキルもある程度身につけましたが、地方に住んでいるということで、長期インターンなど自分のスキルアップできる環境があまりなかったので、やめました。また再び学んでみるのもアリだなとは思っています。

 

もしも動画編集してみたいという方は、まず無料ソフトで簡単なものを編集してみるのが良いかなと思います。※もし僕に教えて欲しいとなったら、DM送ってきてください。(お金いるで?)

他人と差別化できる

これもメリットです。会話で「なんのバイトしてんの?」「編集です。」「は?」ってなりますw

 

僕の周りの話ですが、動画編集できるって人はほとんど聞かないので、差別化にもなりますし、就活での話のネタになります。さらに、動画編集を極めたら、動画編集の会社に勤めることだってできます。

動画編集スキルはあまりすごいわけではないのに、すごいって言われるので、すごいって言われたい人は、ぜひやってみてくださいw

人間関係に悩まない

アルバイトで揉める原因は基本的に人間関係です。しかし動画編集で揉めることはありません。強いて言うなら、クライアントと揉めることはあります。(僕は過去に1度揉めました。)

 

仕事で人と話さないのは、一人で黙々とやりたい方にはうってつけのバイトだと思います。また、人とのコミュニケーションを取るのが苦手という方にもオススメです。

 

バイトで動画編集するデメリット

  • 出会いがない
  • クライアント次第
  • 初期費用がかかるかも
  • 動画編集代行という仕事が美味しい状況が続くとは限らない

 

一つづつ説明していきます。

出会いがない

これは在宅ワークのデメリットです。確かに自分のペースで仕事ができますが、常に一人なので、出会いがありません。マジでここは何か改善策を考えるべきだなと思っています。

飲食店のバイトだったら、友達ができますし、先輩・後輩ができるし、もしかしたら恋人ができるかもしれません。それが在宅ワークにはありません。

 

僕は最近派遣に行っていますが、やっぱり人と話していると楽しいし、時間が早く進みます。それでお金がもらえるのはありがたいな〜って感じます。

しかも、イベントスタッフは好きなアーティストのライブを観ることもできるので、個人的にはありがたいし、楽しませてもらってます。

クライアント次第

動画編集代行を仕事するにあたって、これは結構悩みます。めちゃめちゃ良いクライアントなら、これからも継続して動画編集したいなって思いますし、報酬も良いし、こちらもクオリティの高い編集をしたいと思います。

しかし、クライアントがあまり良くなかったら、コミュニケーションがあまり取れずに、めちゃくちゃ修正依頼が来るかもしれませんし、納期もめちゃくちゃ早かったり、自分のスケジュールを聞いてくれない場合だってあります。

これはマジで運なので、いろんなクライアントに出会って、良いクライアントに出会うしかないなって思います。

 

また、今は動画編集チームが色々あって、そこで仕事を回しているところもあります。チームに入るのも一つの手段かなと思います。

初期費用がかかるかも

アルバイトは基本的に最初は何もお金がかかりませんが、動画編集には、パソコン動画編集ソフト、独学のための勉強代がかかります。勉強代は無料にすることもできます。

僕は、書籍やUdemyの動画編集教材を買って勉強しました。

 

特にパソコンに関しては、スペックが低いと、処理スピードが遅く、ストレスが溜まります。しかも、時給換算でも値段が下がります。

僕はMacbook Airを使っていましたが、メルカリで10万円のデスクトップパソコンを購入しました。

動画編集代行という仕事が美味しい状況が続くとは限らない

「今動画編集はオススメだ!」みたいなことが言われていますが、正直これは半分正解で、半分不正解だなと思います。

動画編集だけだと、スキルレベルはまだまだ低いです。動画編集以外の、

  • サムネ作成スキル
  • アイデア発想力
  • 提案力
  • 営業力
  • 映像制作スキル
  • マネージメント力

などなど、他のスキルと掛け算していかないと、時給は上がっていきません。僕もまだまだスキルアップすべきだなと思っています。

 

動画編集はバイトとしてアリ?ナシ?

僕はアリだなと思います。ただ、動画編集だけで自分の望む月収にしようと思ったら、色々戦略が必要ですし、運も必要です

なので、今僕は編集と派遣で、月10万円ほど稼ぐことができています。ただ近い将来、編集だけで月収10万円は行けそうです。

 

また、編集と同時に、映像制作もしてますし、ブログも書いてますし、趣味で作曲したりと、いろんな準備もしています。また、Flierでいろんな本の要約を読んで知識も身につけながら、筋トレもして、テニスもして、いろんなことをしています。

まとめ:動画編集はあくまで手段

動画編集を目的にしては行けないなと思っています。動画編集はあくまでもお金を稼ぐものです。しかし、「お金のために編集しよう」というマインドになると、一気にやる気がなくなりました。

そのため、動画編集を通じて新たな学びを発見しようというマインドで、今編集をしています。実際たくさんのことを学んでいますし、そもそも編集が楽しいっていうのもあります。

 

また、自分としては動画編集の波にうまく乗れてきた感はありますが、新しい施策にもしっかり準備していかなければならないなと思っています。

ぜひ他の記事も見てみてね〜。

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG