君はなぜ動画編集者として稼げないのか。そして稼ぐためのスキルは何なのか

こんにちは、坂井です。

 

今回は、かなり自戒も込めて書いていこうと思います。動画編集を始めたい人向けですし、動画編集であまり稼いでない人(月収10万円くらいまで)にはかなり為になる記事なのではないかなと思います。

それではさっそく、本題に行きましょう。

なぜ動画編集者として稼げないのか

結論から言うと、思考停止しているからです。

 

落ち着いてください。おそらく、「いや!思考停止してないわ!常に動画編集のことを考えて、新しいことを知ったり、学んでるわ!」と否定したくなると思います。僕もそうでした。

 

というのも自分は動画編集を始めて半年がたちました。動画編集を始める前は、「動画編集はこれから需要が増えて稼げる」みたいな謳い文句につられました。

そして実際に動画編集を始めて1か月で仕事を受けて、そこから、月2万円、月5万円…みたいな感じでさまよっていて、やっと半年で月収10万円が現実味を帯びてきました。おそらく来月は越えると思います。

 

しかし今考えてみると、動画編集スキルだけでは、月収10万円ほどで頭打ちします

 

というのも、動画編集スキルは勉強すればだれでも身に着けることができるので、どんどん動画編集者が増えていきます。それに伴ってクライアントは、安い動画編集者を雇うようになるので、動画編集の単価は下がります。

 

この現実をまず知っておくべきです。動画編集者の需要は確かに増えている。

だって、これから5Gの時代で、もっともっと動画というコンテンツがいろんな人たちに見られていくので、必然的に編集者は必要になってきます。

しかし、ただ単に動画編集ができるというだけでは、ほかの編集者に仕事は取られるのはもちろんのこと、もし仕事をとれたとしても、単価が安いか、マニュアル通りに指示された動画編集しかできません

 

では、あなたが動画編集を依頼するクライアントだとしましょう。そして、AさんとBさんからの応募があったとします。あなたはどちらを選びますか?

Aさん

動画編集できます!やらせてください!

 

Bさん

動画編集歴は半年です。実績は以下のURLをご覧ください。

様々な動画編集に携わってきて、今回の動画依頼の雰囲気も考えて、カットはこんなテンポ、テロップはこんな感じ、BGMはこんな感じで考えています。

 

かなり簡単に書きましたが、AさんとBさんの応募分を見たら、明らかにBさんが選ばれるということが分かると思います。

ここまでは動画編集者として思考停止していることが稼げない一つの要因だということがわかりました。

 

ここからは、ではこれから動画編集者として稼いでいくために必要なスキルを教えていきます。

 

これから動画編集者が稼いでいくために必要なスキルは?

今までココがあまりはっきりしていませんでした。なので、あまり強気で発言することが無かったように思えます。それも、自分が思考停止していたことにもつながります。

 

 

ツイートでも分かるように、動画編集者に必要なスキルは、ディレクションスキルです。

 

動画の雰囲気、ターゲット、戦略を考えて自分なりに動画を編集する。

  • エンタメ系だから視聴者の暇な時間を作らないようにカットを多めにする
  • テロップはその発言に合ったフォントを使用する
  • BGMは適当ではなく時には有料の音源を使う
  • いろんな効果音を使う

みたいに、クライアントが要求するよりも上のクオリティを納品すべきなんです。

 

これからさらに動画編集はAI化されて、単純な編集はもっと単価が下がっていくと僕は考えています。特にフルテロップの動画は自動翻訳機能がもっと高度化して、自動化されます。

この波にのまれないためには、もっといろんなことを考えて、さらにはサムネイルを提案してみるなど、クライアントに動画関係を任せてもらえるようになれば、信頼されるようになって、単価は上がっていくんじゃないかと思います。

 

あと、副業として動画編集をしている人も、思考停止してはいけません。

僕も今大学生という身で、大学生は年収103万円の壁があります。で僕は動画編集で月収10万円、また派遣でイベントスタッフもやっているので、月収は12-13万円くらいまで来ました。

一般大学生からしてみれば、十分な月収です。だから、思考停止していました。思考停止してたというよりは、「答えを探しているけど、分からない。でもまぁまぁ稼いでるしいいや。」って満足している状態でした。

その時点で成長は止まります。これ以上のクオリティを作り上げることができません。

 

ぜひ安上がりの交換可能な人材になるのではなく、自分にしかできない編集を作り上げてください!日々勉強です。

まとめ:動画編集者から映像ディレクターへ

自分の一番の敵は自分というように、思考停止していたら、なにもかも始まりません。

 

過去にも動画編集代行は稼げるけど稼げないと自分の中で矛盾が発生していました。その答えが、

  • 言われたとおりに編集する
  • 自分で考えて編集する

の違いかなと思います。

 

たとえマニュアルがある動画であっても、自分がこのように編集した方が良いと思うのであれば、そのように編集してみてください。編集者にしかわからないものもあります。

ただ「完璧にマニュアル通りにやってくれ」というクライアントも中に入るので、そこはやめましょう。僕も過去に経験しました。

 

今回の記事は結構キツく書きましたが、これをしっかり実践することでより稼いでいくことが可能なんじゃないかなと思います。

どれだけ編集者が増えようが、食いっぱぐれることのないように、これからも動画編集スキルを上げていくと同時に、いろんなものに挑戦していこうと思います。

<追記>
YouTubeチャンネルで動画編集のことについて情報発信しています!
良かったらぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG