Macにおすすめの動画編集ソフトを紹介!(無料・有料)

動画編集をするためには、動画編集ソフトが必要です。動画編集ソフトは、無料のものから有料のものまであります。

さて今回は、macにおすすめの無料・有料動画編集ソフトを紹介します!

無料動画編集ソフト

iMovie

まず一つ目は、「iMovie」です。動画編集ソフトといえば、iMovieを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

iMovieはiOSに最初からついてくる無料アプリです。

iMovieだけで、タイトルやテロップなどを挿入したり、ハリウッド映画の予告編みたいな動画も作成できます。

動画編集を少しだけでもやってみたいという初心者の方は、iMovieから初めてみるのも良いかもしれません。動画編集初心者にオススメできるソフトです。

iMovieの使い方などは、YouTubeにも載っている数が多いので、比較的簡単に学習することができます。

AviUtl

二つ目は、「AviUtl(エーブイアイユーティーエル)」です。

AviUtlは、無料動画編集ソフトを検索すると、必ず出てくるソフトです。

AviUtlは無料ソフトの中では、初心者にとって取っ掛かりにくいソフトになっています。しかし、品質は高いものになっています。

ただ、僕がiMovieかAviUtlのどちらかをオススメするのであれば、iMovieをオススメします。

有料動画編集ソフト

Premiere Pro ←1番オススメ!!

僕が有料動画編集ソフトでいちばんオススメなのが、「Premiere Pro」です。

Premiere Proは、Adobe Systems(アドビシステムズ)から販売されている、動画編集ソフトです。

撮影された動画、CG、アニメーション、テロップ(字幕)、音楽、効果音、ナレーションなど映像制作に必要な素材を、自由に切り貼りすることで、動画作品を作り上げることができます。

Premiere Proでは長時間の映像編集ができるほか、その他の映像制作にかかせないソフト(PhotoshopやAfter Effectsなど)との連携がやりやすいため、映像制作のプロの現場でも多く利用されているソフトの1つとして重宝されています。

テレビ番組、映画、CM、PV などあらゆる映像制作の現場でこのPremiere Pro が利用されていますね。

最近では、YouTuberもたくさん使用しており、YouTuberの瀬戸弘司さんがPremiere Proの使い方を紹介してくれたりもしています。

 

僕がPremiere Proをオススメする理由が、価格です。

Premiere Proを利用するためには、Adobeで購入しなければなりませんが、月額5680円、学生は月額1980円で利用することができます。

月額1980円で、PhotoshopやAfter Effects、その他たくさんのAdobe製品を使用することができます。

次に紹介するFinal Cut Pro Xは、買いきりで34,800円となっており、初期費用を抑えたい人にとっては、Premiere Proが最高です。

関連記事

Final Cut Pro X

二つ目は、「Final Cut Pro X」です。

Final Cut Pro Xは、Premiere Proよりも直感的に使いやすく、Macを使用の方にはオススメの動画編集ソフトです。

学生以外の方がAdobeのPremiere Proを使用するのは、月額5000円、年間60000円かかるのに対し、Final Cut Pro Xは、買いきりで35000円。その他ちょっとしたアプリケーションを購入しても4万円ほどで購入できます。

Premiere Proに比べて、コストパフォーマンスが良いです。

まとめ

今回は、Macにオススメの動画編集ソフトを紹介しました。

動画編集でお金を稼ごうと考えているのであれば、やはりパソコンのスペックや動画編集ソフトにはお金をかけるべきですね。

学生の方は、迷わずコンプリートプランでPremiere Proを使うことをオススメします。

 

これからガンガン独学し、稼いでいきましょう!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG