[時給2000円]短時間で効率良く動画編集を終わらせるためのコツ3選

こんにちは、坂井です。

動画編集代行というお仕事をやっている僕ですが、仕事ということでクオリティの高い編集を求められます。したがって、編集時間も結構かかります。

しかし、なんとかして編集時間を時短しなければ、時給は下がる一方です。

そこで今回は、僕が効率良く編集を終わらせるために意識しているコツや、テクニックを紹介していこうと思います。

これを初期の頃からやっていれば、もっと短い時間で編集を終わらせることができ、時給も2000円以上になってきます。

それでは、いきましょう。

時短編集テクニック

カット、テロップ、BGM(SE)の順に編集する

まず一つ目のテクニックです。

動画編集初心者に多いのは、カット・テロップ・SE(効果音)を同時進行してしまうことです。これはめちゃくちゃ効率が悪いです。

マウスをいろんなところに動かさなければならないし、考えることも多くなり、クオリティが下がるとともに、編集時間も膨大になってしまいます。

なので、まずはカット作業をする。次にテロップを挿入する。最後に効果音を入れ、BGMを入れる。その後、音量やタイミングを微調整しながら、編集していきましょう。

これをするだけで、何度も何度もプレビューする必要が無くなり、無駄な時間が無くなります

また、撮影する場合は、編集のことを考えて、カットのタイミングを考えたり、どんな効果音を使うか考えながら撮影しましょう。これは、編集している時も同様です。

カットしながら、どんなテロップを挿入したり、どんな効果音を挿入するか考えながら編集すると、さらに時短できます。

プロキシを利用する

これはあまり知られていないテクニックかと思われますが、めっちゃ便利なものなので、ここで紹介します。

パソコンのスペックがかなり高い場合は、動画をフル画質でプレビューしてもカクカクせず、スムーズに確認できますが、スペックがそこそこだったり、低い場合は、編集がスムーズではありません。

特にプレビューするためにスペースキーを押して5秒くらいかかった時、めちゃくちゃイライラします

そんな時、レンダリングをすればプレビューがスムーズになりますが、レンダリング自体に結構時間がかかったり、また、何かテロップや効果音を挿入したら、再びレンダリングをしなければプレビューがカクつきます。

ここで、プロキシを使います。

プロキシに関しては、GIVさんの動画がわかりやすいので、視聴することをオススメします。

簡単にいうと、プレビューがスムーズになります

プロキシのおかげで、編集時間がかなり時短されたので、オススメです。

ショートカットを使う

これはもちろん知ってると言われるかもなのですが、やはり大切なので、ここで紹介します。

特にカット編集は、リップル削除以外考えられないです

カット作業はこれでめちゃくちゃ時短になるので、つべこべ言わずに使いましょう。

また、移動キーの”V”だったり、テキストの”Tだったり”、基本的なショートカットは覚えましょう。

ショートカットに関しては、こちらを参考にしました。

まとめ:動画編集代行は時短命

動画編集はコツを知ることで倍速で編集することができます。

エンタメ系の動画編集は少し話が変わってくるかもしれませんが、基本的に編集はこのテクニックを使っていきましょう。

 

[余談]

YouTubeに映像制作の作品をアップしてるので、良かったら見てみてください。

YouTubeチャンネル

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG