家で集中して勉強するために実践したい5つのコツを紹介します!

人それぞれ集中できる環境は違います。静かな場所(図書館や自習室)で勉強するのが好きな人もいれば、ある程度の雑音(カフェやマクド)があったほうがはかどるという人もいます。

しかし一番の理想は家で勉強できることではないでしょうか。

そこで今回は、家で集中して勉強するために実践したい5つのコツを紹介します!

 

長期休みの時は昼夜逆転や堕落した生活に陥りがちなので、理想の生活をおくるためにも勉強していきましょう!

そもそもなぜ家で勉強するのが難しいのか

集中力を切らせるものが多い

家には集中を切らせるものが多いです。例えば、携帯電話やゲーム、本やテレビなど。

さらに実家暮らしの場合は、親や兄弟がいても邪魔だなと思うことはあるでしょう。

 

また、家は緊張感がないので、お腹が減ったらすぐに計画を前倒ししてしまったりもするでしょう。

自分に甘くなる

自分に甘くなるというのは、図書館や自習室では周りの人も勉強をしているので自分もやらなければと奮い立たせられることがありますが、家ではなかなかそんなことはありません。

さらに、大学生は周りが遊んでいる様子がSNSにアップされているのを見ながら孤独に勉強しなければなりません。

家で集中して勉強するためのコツ

勉強している自分を撮影する

まず一つ目は、勉強している姿を動画で撮影するという方法です。

 

この方法の良いところは、1日に自分が何をしていたのかが客観的に見ることができます。よって、夜に反省して明日に改善していくことが可能です。

さらに休憩時間に携帯を触ってそのまま1時間くらい携帯を触ってしまったとかいうことを防げます。

携帯電話で撮影することで、休憩時間に携帯を触ることも減るので効率良く勉強することができます!

音量1で勉強用BGMを流す

「やはり勉強する時は無音で」という人もいますが、無音の集中はイマイチ長続きしないです。(個人の意見です)

しかし自分の好きな音楽を流しながら勉強すると音楽に集中してしまい、勉強に集中できなくなります。

 

ここでオススメしたいのが、音量を最小にして勉強用BGMを流すという方法です。

ある程度の音がある状況で勉強する方が集中力が長続きしますし、しかも歌詞のないBGMを流すことで勉強に集中することができます。

勉強用BGMはYouTubeで調べたらたくさん出てくるので調べて活用してみてください!

ポモドーロテクニックを活用する

ポモドーロ・テクニックの方法とは、短めの作業と短い休憩を繰り返すことです。具体的には「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロとし、4ポモドーロ(2時間)ごとに30分間の休憩を取ります。これを繰り返します。

これの良いところは勉強時間が25分間なので勉強を始めるのが楽です。そして終わりが中途半端なので、「早く次の勉強がしたい」と思うようになります。

休憩時間は携帯を触るのではなく、瞑想がオススメです。

 

この方法はめちゃくちゃオススメです!

勉強時間を友達と共有したり競争したり、自分に罰ゲームを課す

4つ目は、友達と勉強時間を競争する方法です。

やはり一人で勉強するのはしんどいので友達と切磋琢磨し合うのが良いです。

僕がオススメするのは、1ヶ月の目標の勉強時間を掲げて毎日報告する。そして達成できなかったら坊主にするなど罰ゲームを自分に課すというものです。

週に一回は気晴らしの日を作り、環境を変える

5つ目の方法は週に一回は気晴らしに全く勉強しない日を作ってスポーツをしたり、勉強場所をカフェにするというものです。

毎日家で勉強していると、1日に一回も外に出ないことがあります。それが一週間も続くと自然とネガティブになってしまったり、内向的になってしまいます。

それを避けるために外に出てみたり、環境の場所を変えて慣れを防ぎましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

家で集中して勉強するための5つのコツは、

  1. 勉強している自分を撮影する
  2. 音量1で勉強用BGMを流す
  3. ポモドーロテクニックを活用する
  4. 勉強時間を友達と共有したり競争したり、自分に罰ゲームを課す
  5. 週に一回は気晴らしの日を作り、環境を変える

というものです。

 

全てのコツを一気に実践できないかもしれませんが、何か一つでも自分に合った方法があれば嬉しいです。

何か一つでも実践してみてください!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG