宅浪はやめておけ!?宅浪のデメリット

どうも、ごえもんです!

前回、「宅浪はオススメ!?宅浪のメリット」という記事を書きました。

 

今回は、実際に宅浪したごえもんが、宅浪のデメリットについて書いていこうと思います!

 

宅浪のデメリット

1.自分に甘くなる

1人で黙々と一年間勉強するのはとてもしんどいです。

 

「いや、おれはできるぞ!」と思う人もいるかもしれませんが、モチベーションは続いて2.3日しか続かないです。

 

予備校に通っていれば、友人やライバルが勉強しているのを見て、やばいと思って勉強できます。

しかし、1人で勉強していると、「もういいかな、明日やろう」となります。

 

絶対にダラけます。

 

僕自身も自分に甘くなってしまうことがありました。

しかし、それを極力少なくするために、バイトをして、筋トレをして、少ない時間で集中して勉強するという方法を取りました。

 

宅浪でバイトはしないほうがいいなど聞いたことあるかもしれませんが、ぼくは時間管理のためにオススメします。

ダラけないためにいろいろ手段を考えるべきです。

 

2.わからないところを聞けない

予備校に通っていれば、先生にわからないところを聞けますが、宅浪は聞く人がいません。

なので、わからないところを自分で解決しなければいけません。

 

しかし、宅浪の良いところは、自分で教材を決められます。なので、基礎の教材を買えば学ぶことができます。

 

予備校で授業を受ける時間、自習できるので、もしかしたら予備校に通うよりもレベルの高い大学に合格する可能性もあります。

 

3.寂しい

マジで寂しいです。

 

予備校で誰とも話さない、と言っても人がいるので別に寂しくないです。

宅浪は1日中誰とも会わないことがよくあります。

 

 

普通にメンタルがやられて死にたくなることが年に2.3回あります。

これを解決するために、早朝バイトを始めたと言っても過言ではありません。

 

接客で人と話すだけでもストレスが大幅に改善されました。

また、スケジュールがほぼ皆無なので、大学に通っている友人からの食事の誘いも喜んで行けます。

 

[まとめ]宅浪は覚悟があればできる

宅浪を一年間してみて、結果からいうと最高の一年でした。

 

やはり、自分のやりたいことができるので自分の将来に投資できます。これは予備校に通っていたらできなかったことです。

もともと高校3年生の時に自習で伸びた感覚があったので、宅浪でもできるのではないか、予備校だと成績は伸びないと考えてました。

 

宅浪するかどうか迷っている人がいるのであれば、宅浪することをオススメします。

ただ、それを上手くいかせることができるかどうかは、覚悟が必要です。

 

勉強、頑張ってください!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG