自宅で腹筋鍛えること意味ない説を提唱したい

坂井です。

これからVFXの動画をYouTubeにアップしていこうと考えてます。ほかにもモーショングラフィックスやMVなどの自主制作をアップする予定。

さてさて、このブログに関しても、完全に自由に書いているので、自由気ままに書いていこうと思います。

今回は、腹筋鍛えること意味ない説

腹筋鍛える意味って何ですか?ほとんどは、腹筋を割るためだと思います。

しかし、腹筋を割るのなら、腹筋を鍛える意味はないです。それよりも、もっと大事なことがあります。

今回は、それを知っていただけたらと思います。

腹筋鍛えるの意味ない説

結論から言うと、腹筋を鍛えるよりも、食事制限のほうが腹筋は割れやすい

 

女の子受けがいい筋肉は、ダントツで腹筋が割れていることです。これは譲れない。

だから筋トレをするなら腹筋を鍛えるということにつながるのだと思います。

しかし、腹筋って実は脂肪に隠れて見えないだけで、誰にもあります

がりがりのやせ型体型で、腹筋が割れている人を見たことがありませんか?それは、無駄な脂肪がおなか周りに無いからなんです。つまり、腹筋が割れているというのは、腹筋が見えているということなんです。

では、手っ取り早く、腹筋を割る方法は何でしょうか?ヒントは無駄な脂肪。

 

そう、無駄な脂肪を落とすんですね。そのためには筋トレをすべきなんでしょうか。走るべきなんでしょうか。

いいえ、違います。正解は、食事制限です。

食事制限し、脂肪を減らすことで、見えなかった腹筋が見えて、腹筋が割れている状態になります。

ここで、皆さん思ったでしょう。食事制限は嫌だと。

その通り、食事制限はかなりきついです。僕も今年食事制限をして失敗しました。この話に関しては、また別の記事で話そうと思います。

適切な食事制限

食事制限と聞くと、どれほど食べていいのか、どれほど食べてはいけないのかがわからないと思います。

これも結論から言うと、自分の消費カロリーを知って、マクロ栄養素をたたき出して、G1値の低い食事を摂ることです。

まず、消費カロリーを知る。これは、以下のサイトで見てください。

https://基礎代謝量.biz/entry16.html

僕は、身長180cmの体重70kgなので、1789kcalです。ここに、自分が普段どれだけ運動するのかをかけます。マクロ栄養素を知りましょう。これは、以下の動画を見ればわかりやすいです。

https://www.youtube.com/watch?v=Bl2gMUTPwG8

ここから、自分の消費カロリーを知って、毎日どれだけの、たんぱく質、脂質、炭水化物をとればいいのかを考えます。

ここで、大事になってくるのが、一部ですが、G1値の低い食品を食べることです。

G1値というのは、体内で血糖値が上がるスピードが速いか遅いかの違いです。

例えば、白米はG1値が高くて、玄米はG1値が低い。なんとなくわかるでしょう。

普段私たちが食事をとる炭水化物は、基本的にG1値が高いと考えてもらって大丈夫です。

G1値が高いと、食べ物を体に蓄えようとするインスリンというものが多く分泌され、それが脂肪になりやすいのです。これはかなり簡単に説明してるのですが、簡単に言えば、そういうこと。

つまり、G1値の低い食べ物は、脂肪になりにくい。それだけ分かればOKです。

まとめ:腹筋割りたいなら筋トレより食事制限

もちろん、腹筋を鍛えることでおなか周りの筋肉が増えて、腹筋が見えてくることもあるかもしれませんが、かなり道のりの長いことです。おそらくそれは続かないでしょう。

筋トレは短期間で結果の出ることはありません。継続しかないです。

なので、腹筋を割りたければ、食事制限をしましょう。今回はかなり簡単に食事制限の話をしましたが、今後しっかりダイエットの記事を書こうと思います。(今年初めてダイエットに挑戦して失敗したけどね。)

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG