何もスキルが無い大学生にオススメしたい一生使えるスキル2選を紹介!

こんにちは、坂井です。

大学生は人生の夏休みと言われるように、4年間遊びまくる人が多いかと思います。しかし、大学3年生になったら就活が始まります。さらに、意識が高い人は2年生、1年生から就職に向けて動き出している人もいます。

就活の時期になって、自分がしたいこともわからず、とりあえず自分が知っている大企業のインターンに応募して資料を請求しても、結局どれを選べばわからない。また、大学生活で頑張ったこともないので書くことがない

そんな人はいっぱいいると思います。

最高なのは、自分の好きなことを仕事にすることなのですが、そのためにはたくさん行動して探すしかありません。なのでまずは、スキルを習得してたくさん稼げる仕事を知るべきです。

結論から言いますが、「プログラミング」と「動画編集」です。

今回は、プログラミングと動画編集の魅力を紹介していこうと思います。

プログラミングの魅力

プログラミングは理系の人がやっているイメージなのですが、文系でもやっている人は多いです。

僕は5ヶ月間勉強した経験があり、その時は「HTML,CSS,jQuery,Javascript,Ruby on Rails」を学習しました。

そもそもプログラミングには、

  • SIer(エスアイアー)系
  • Web系

というものがあります。

IT業界はブラックだと言われがちなのですが、ブラック企業なのは大体SIer系です。SIerの業務内容は、外部からシステム開発の依頼を受けて開発するというものです。

つまり下請けになるので、低賃金で長時間労働することになります。

一方、Web系は、Web サービスを作り自分たちで収益を出しているような業界です。有名所を挙げると Facebook, Twitter や Dropbox、日本だと CookPad(クックパッド), メルカリとかですね。

Web系は自社の利益のためにはエンジニアが最も大切なので、エンジニアが大切にされます。なので、自然と収入が高くなります

下請けの企業になると、いろんな会社がやりたくない仕事が回ってきたり、仕事の内容が単純作業になったり、新しいスキルが身につかないということになります。

プログラミング言語は日々進化しており、新しいものを学んでいく必要があるので、いつまでも同じ言語ばかりやっているとレガシーなものになってしまいます。

なので、まずプログラミングを始める場合は、Web系企業を調べてインターンに行くのがオススメです。

僕は3ヶ月の学習で「Webコーダー」になりました。コーダーは、プログラミングのコードを書く仕事です。Webコーダーになるための勉強方法にまとめているので、こちらをご覧ください。

https://studentoshi.com/coder

プログラミングを学ぶには、プログラミングスクールがオススメ!

プログラミングの独学は、かなりの根気と忍耐力が必要になります。僕は実際に挫折の嵐で、挫折しました。というのも、長期インターンが広島になかったのが大きいですが。

そして、まずプログラミングスクールでオススメの2つを紹介します。まずは、ポテパンです。

ポテパン



ポテパンの大きな特徴として、3ヶ月10万円という破格の値段になっています。

他のプログラミングスクールは、3ヶ月で30万円とかザラにあります。ポテパンは値段面から見てもかなり安いです。

また、ポテパンの学習が終わってから高単価の仕事を受けたら、キャッシュバック制度があり、実質無料で学ぶことができます。

ポテパンはマジでオススメなので、まずは無料で登録できるので、やってみてください。

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

TechAcademy



TechAcademyも有名なプログラミングスクールです。TechAcademyも価格が安いです。

  • 4週間プラン
  • 8週間プラン
  • 12週間プラン

という3つのプランがあります。社会人は、上から11万円、16万円、21万円になりますが、学生は学生料金で、社会人の約半額になります。

なので、6万円、9万円、12万円になっています。

TechAcademyは、教えてくれるメンターのスキルが高く、サポートが充実しています。

また、TechAcademyで3ヶ月間学んだ後、TechAcademyでメンターとして働くことも可能です。

マジでオススメです。

TechAcademy [テックアカデミー]

動画編集の魅力

動画編集は、動画編集者になるまでの勉強期間がとても少ないのが特徴です。僕はがっつり勉強して1週間で仕事ができるレベルまでになりました。

そして、動画編集を初めて1ヶ月で1万円を稼ぎ、2ヶ月目で6万円を稼ぎました。恐らく3ヶ月目は月収10万円は超えるだろうという感じです。

プログラミングは学習期間の3ヶ月間は収入が0円なので、これはかなりすごいことです。それでもプログラミングも動画編集も勉強期間が短いのは魅力的です。

また、動画編集はプログラミングと違ってエラーが出ることがないので、挫折することも少ないです。なので、継続しやすい点も魅力です。

最初の頃はYouTuberの動画編集代行の仕事かなと思います。編集スキルが上がったら、制作会社の編集も可能になるので、いっぱい稼ぎましょう。

https://studentoshi.com/movie-douga

https://studentoshi.com/youtube-edit

https://studentoshi.com/work-space

まとめ

何かスキルを習得しておくだけで、就活はかなり楽になります。そのスキルを習得したとエントリーシートに書けますし、さらにそのスキルを活かした仕事も可能です。

僕はプログラミングではなく、動画編集の道を歩んでいこうと考えています。さらには動画編集のレベルを超えて、映像制作の道が面白いかなと思っています。

このブログでたくさん書いているので、ぜひ見てみてください!

NO IMAGE

YouTubeチャンネル「TAISEIBLOG」

20歳の大学2年生、坂井大誠です。 半年前から独学で動画編集を学び、普段は動画編集で稼いでいます。 いろんな情報発信活動をしているので、良かったらチャンネル登録よろしくお願いします!

CTR IMG