YouTube

YouTuberの収入はどれくらい?仕組みやこれからYouTubeで稼ぐ方法とは?

こんにちは、坂井です。

YouTuberという言葉がもう全国に知れ渡っています。そして、最近では有名人やタレントがYouTubeチャンネルを開設して、動画投稿を始めています。また、チャンネル登録者数が100万人を超えているYouTuberもかなり増えてきていて、YouTubeには、ものすごいビジネスチャンスがあります。

さて、今回は、日本の大物YouTuberの収入を調べながら、YouTubeで稼ぐ仕組みや、稼ぐ方法を紹介していこうかなと思います。

この記事を見れば、なぜいろんなタレントがYouTubeを始めているのか、自分の価値観が崩されると思います。YouTubeを始めたくなるかもしれません。

YouTubeで稼ぐ仕組み

1.広告収入

YouTubeでは、基本的に広告収入が稼ぐ方法の一つです。

ブログでもそうなのですが、広告が動画に流れたり、広告が表示された時に視聴者がクリックした場合に、収益化されます。これは、Googleアドセンスといいます。

 

ここで勘違いして欲しくないのは、ただ単にYouTubeに動画投稿したところで、収益は発生しないという点です。広告を動画に乗せるためには、YouTubeパートナー・プログラムを組む必要があります。そのためには、ある条件があります。

この条件は、よく更新されるのですが、今はこの二つです。

  • チャンネルの過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間
  • チャンネル登録者数が1000人

この条件をクリアすれば、広告を動画に流すことができます。しかし、この条件は厳格に決まっているわけではなく、これをクリアしていなくても、広告を載せている場合もあります。

 

話を戻します。広告をクリックされない場合、収益は発生しません。つまり、再生回数を増やすことで、視聴者という母集団を増やし、クリックされる確率を上げるということになります。

だいたいワンクリックが約30円くらいです。(これは動画のジャンルや時期によって変わります。)

これをざっくりと計算する方法があります。それが、

再生回数1再生×0.1円

という計算方法です。単純計算で、100万回再生された場合、10万円の広告収入が発生します。何度もいいますが、これは単純計算なので、これが正しいわけではないです。

ジャンルによっては、0.1円以下になる場合もありますし、0.2-0.7円くらいまでアップする場合もあります。

これは、チャンネル登録者数や再生回数だけではなく、動画再生時間や離脱率なども考慮されています。なので、チャンネル登録者数が数万人でも月100万円ほど稼いでいるYouTuberもいます。

 

広告の種類

広告には、

  • インストーム広告
  • オーバーレイ広告
  • サイドバー広告

の3つがあります。今回は細かく説明はしませんが、簡単に紹介します。

まず、インストリーム広告は、YouTubeで動画が再生される前や、動画再生中に途中で流れる広告です。これは結構見たことがあるような広告ですね。

この広告には、スキップできるものとスキップできないものの2つがあります。どちらにおいても広告をクリックしない限り、収益は発生しません。

ただ、スキップできないものの方が視聴者に強制的にCMを見せることになるので、広告をクリックされる確率が上がります。しかし、動画の離脱率が上がってしまうので、どちらの広告を選ぶべきなのかは迷いますね。

 

オーバーレイ広告は、パソコンで動画を視聴している時に動画の下部に現れる広告のことです。スマートフォンやタブレットで観ている場合は、表示されません。

例えば、某まとめ系ブログサイトで次ページに移行した時に画面にパッと現れて思わずタップしてしまう場合があると思います。これは、オーバーレイ広告の1種です。

 

サイドバー広告は、関連動画に表示される広告のことです。上記二つと違って、動画自体に表示される広告ではないので、クリック率は下がります。

2.スーパーチャット

2つ目は、スーパーチャット(スパチャ)です。これは、ゲーム実況の生配信をよく見るひとは知ってるだろうと思います。

スーパーチャットとは、視聴者がYouTuberに寄付という形で直接お金を投げる(投げ銭)ことができます。

スーパーチャットの場合、動画の再生回数は関係ありません。生配信の内容次第で収入が変わってきます。スパチャは、コメントを添えて寄付するので、そのコメントが目立って表示されます。なので、そのYouTuberにコメントを読まれやすいです。

ただし、スパチャはYouTubeが手数料として30%を天引きします。なので、YouTuberには70%が収入としてお金になります。

3.YouTubeチャンネルメンバーシップ

YouTubeチャンネルメンバーシップとは、月額490円で、自分の好きなYouTuberを支援できる機能になります。YouTuberのファンクラブのようなイメージです。また、オンラインサロンのイメージでもあります。

この機能では、YouTuberが提供する特典を受けることができます。この内容はYouTuberによって様々です。

先ほどのスパチャと同じく、YouTubeが30%の手数料、70%がYouTuberの収益になります。

YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することができます。

4.企業案件

4つ目は、YouTubeからの収益ではありません。企業がYouTuberにサービスや商品を紹介してもらって、YouTuberに企業から報酬が支払われる形になります。

動画を視聴している時に、

提供:〜株式会社

と表示されたりしている場合は、企業案件になります。

 

また、その表示がされずに、企業案件で商品を紹介している場合があります。それは、ステルスマーケティング(ステマ)です。

企業案件は、基本的にチャンネル登録者数や動画の再生回数によって報酬が変わってきます。しかし、チャンネル登録者数が100万人を超えている人は、1本の企業案件で100万円以上の案件があったりと、えげつない額が支払われています。

基本的には、チャンネル登録者数が1万人いれば月収10万人。10万人いれば月収100万円です。これはあくまでも単純な見方です。参考程度に。

 

YouTuberの収入は?

はっきり言って、YouTuberの収益はピンキリです。0円の人もいれば、めちゃくちゃ稼いでいる人もいます。

 

2019年の10月11日にUUUMという日本のYouTubeクリエイターが多数属する企業の四半期決算が発表されました。今回はそこから、YouTuberの収入を伝えていこうと思います。

まず、1再生の広告収入は、平均して、0.265円だったそうです。なので、1再生0.265円でYouTuberの収入を計算します。

  • フィッシャーズ:予想収入9302万円
  • 東海オンエア:6530万円
  • ヒカキンTV:5696万円
  • はじめしゃちょー:4869万円
  • BabyBus:5060万円

ちなみにこの予想収入は、個人チャンネルを除くサブチャンネルやゲームチャンネルの総再生時間から計算されています。

その他の予想収入が1000万円を超えるYouTuberはこちらです。

  • ボンボンTV:3990万円
  • まいぜんシスターズ:3347万円
  • スカイピース:2080万円
  • プリッとチャンネル:1970万円
  • 水溜りボンド:1926万円
  • キヨ。:1936万円
  • ヒカル:1891万円
  • ちゃんねるがーどまん:1584万円
  • KUN:1580万円
  • きまぐれクック:1526万円
  • ヴァンゆんチャンネル:1478万円
  • フェルミ研究所:1421万円
  • 兄者弟者:1418万円
  • 桐崎栄二:1334万円
  • ポッキー:1287万円

他にもUUUM所属で、予想収入が1000万円を超えるクリエイターもいますが、割愛します。しかし、思った以上に収入があるYouTuberもいたのではないでしょうか。

 

今回の予想収入はGoogleアドセンスの広告収入のみの計算なので、企業案件やグッズ販売、イベントやテレビ出演などの収益もあります。なので、大物YoTuberの中には、月収1億円もいるかもしれませんね。

YouTubeで稼ぐ方法

ここまで見てきたら、YouTubeで一攫千金を狙いたい人もいるでしょう。ということで今回は、YouTubeで稼ぐ方法を紹介していこうと思います。

 

ここで知っておきたい知識があります。例えばYouTubeで

「月収10万円稼ぐ方法を教えます!このアプリをダウンロードしてください!」

みたいな動画に出会ったことがあるかもしれません。これは、アプリをダウンロードした瞬間に、紹介料としてその人にお金が入ります。(これがアフィリエイトの一種)

なので、そういう類の方法論とはおさらばしましょう。稼げる方法は今の時代、ネット上にあふれていますが、それを使いこなせるかどうかは、使い手にかかっています。その裏には、どんなお金の動き方をしているのか考えてみてください。

それをしれば、いろんな詐欺に騙されないで済みますし、様々なビジネスアイデアが浮かんでくるかもしれません。

 

さてさて、話を戻しましょう。

YouTubeで稼ぐ方法は、まずジャンル選定が最も大切です。ここを失敗してしまうと、チャンネルがイマイチ伸びなかったり、収入に伸び悩んだり、レッドオーシャン(競争が多い市場)に飛び込んでしまうでしょう。

逆にブルーオーシャン(競争が少ない市場)に行けば、ライバルが少ないので、チャンネルが伸びやすく、収入も増えやすいです。

 

稼げるジャンルはこれです。

  • ゲーム実況
  • キッズ系
  • 教育系

の3つになります。もしかすると、これ以外にも稼げるジャンルはあるかもしれませんし、これから新しく現れるかもしれません。

特に今の日本では、エンタメ系の動画がたくさんあります。ここを今から攻めるには、しっかりとした戦略が必要になってくるかもしれません。

 

もし僕がYouTubeを始めることになったら、教育系の動画を投稿します。ここで、集客して、自分の商品を売ったり、このブログをみてもらいたいなって思います。

まとめ:YouTubeで稼ぐには、戦略が大事

今からもし10年前に戻れたら、エンタメ系の動画をYouTubeにアップし続ければ、今頃、大物YouTuberになっていたかもしれません。しかし、今からでも遅くはありません。

それでも、自分の強みを活かせるジャンルで、しっかり目的を持って動画投稿すべきだなと思っています。何も考えず、ただ単に動画投稿し続けても、もう伸びません。

 

僕はこういう現状を考えて、動画編集を学びました。ありがたいことに、学び始めて半年で、月10万円ほど稼ぐことができています

もしも動画編集に興味がある人がいれば、僕の動画編集代行の記事を見てくれたらなと思います。

https://studentoshi.com/greater

https://studentoshi.com/youtube-edit

[ガチ評判]ビジネス書が10分で読める要約アプリ「Flier」のメリット・デメリットを徹底解説!前のページ

[10/18まで!]325種類のPremiere proのスタイルファイルが今だけ無料で配られてる!みんな急げ!次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大学生

    成功するかどうかなんて、結局運ゲーなんだもの。
  2. 投資

    ふるさと納税って何?方法と報酬、魅力について教えます!
  3. 大学生

    帰省先でお金をかけずに暇つぶしする方法5選!
  4. 自己啓発

    中学から高校で36cm伸びた、身長を伸ばす方法
  5. プログラミング

    何もスキルが無い大学生にオススメしたい一生使えるスキル2選を紹介!
PAGE TOP